(なら)(はく)(ざんまい)

奈良国立博物館は、明治28年(1895)にわが国2番目の国立博物館として開館して以来、古都奈良の社寺に伝わった仏教美術の保管や展示公開につとめ、「奈良博(ならはく)」の愛称で広く親しまれてきました。約2000件にのぼる館蔵品は先史から近代まで多岐にわたりますが、とりわけ仏像、仏画、写経、仏教工芸に優れた作品が多く、まさに「仏教美術の殿堂」と呼ぶにふさわしい内容となっています。


本展では、奈良博コレクションの中から選りすぐった合計245件(うち国宝13件、重文100件 ※国宝は全て出品)の作品によって、日本仏教美術1400年の歴史をたどって行きます。展示は全10章からなり、日本仏教の黎明期である飛鳥・白鳳・天平寺院の遺宝、密教や浄土教が生み出した仏像・仏画、日本の神々とほとけが織りなす神仏習合の造形、日本仏教を支えた高僧の肖像と書、奈良の地とゆかりが深い仏教美術など、各時代にわたる名品によって構成されています。


三昧(ざんまい)」とは、一つの対象に心を集中することを意味する仏教由来の言葉。熱心にほとけの姿をみることを特に「観仏三昧(かんぶつざんまい)」と呼びます。ぜひ本展を通じて、奈良博の仏教美術コレクションの魅力を心ゆくまでご堪能下さい。

  • 出陳品一覧はこちら/ダウンロード/PDF/約654KB
  • 本展公式チラシはこちら/ダウンロード/PDF/約10.7MB

NEWS

2021/6/10

音声ガイドを掲載しました。

2021/6/8

キャラクター/関連イベント(ぬり絵をしてTwitterに投稿しよう!!)を掲載しました。

2021/5/27

キャラクター/関連イベントを掲載しました。

2021/5/24

出陳品一覧チラシを掲載しました。

2021/5/20

公式HPをリニューアルしました!

開催概要・アクセス

名称

特別展「奈良博三昧―至高の仏教美術コレクション―」

会期

2021年7月17日(土)~9月12日(日)

  • ※前期:7月17日~8月15日、後期:8月17日~9月12日

会場

奈良国立博物館 東・西新館

〒630-8123 奈良市登大路町50

休館日

毎週月曜日

  • ※ただし、8月9日(月・振休)は開館

開館時間

午前9時30分~午後6時 毎週土曜日は午後7時まで

  • ※入館は閉館の30分前まで
  • ※8月15日[日](春日大社万灯籠の日)は、名品展のみ午後7時まで開館します。

主催

奈良国立博物館、読売新聞社、NHK奈良放送局、NHKエンタープライズ近畿

協賛

岩谷産業、大和ハウス工業、非破壊検査

協力

日本香堂、仏教美術協会

お問合せ

050-5542-8600(ハローダイヤル)

地図

奈良国立博物館

〒630-8213 奈良市登大路町50


  • 近鉄奈良駅から登大路を東へ徒歩約15分
  • JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
  • Twitter
  • Facebook

報道関係のお問い合わせ先

特別展「奈良博三昧―至高の仏教美術コレクション―」広報事務局(ネネラコ内)

TEL:06-6225-7885/FAX:06-7635-7587

E-mail:narahaku-zanmai@nenelaco.com

〒531-0072 大阪市北区豊崎 3-15-5 TKビル

広報用画像申込フォーム